私は軍事、政治、歴史の専門家ではありません。
皆様の意見をお待ちしています。
特に資料、データ、専門的知見に基づいた、専門家の意見をお待ちしています。

自衛権も含めて軍備を放棄

憲法9条を守れば、戦争は起きないと主張していない。
外国からの攻撃や侵略が起きないとも主張していない。
言い換えると、憲法9条を守っても戦争は起きる可能性がある、と考えている。

しかし、私は問いたい。
自衛のための軍事力を持てば、戦争は起きないか。
外国からの攻撃や侵略は起きないか。
答えは起きる可能性がある、だけだ。
過去100年の日本でも、日本は軍事力を保持していたが、戦争は起き続けた。


「憲法9条を守る」というのは覚悟のいる主張

日本の島が攻撃されたり、東京にミサイルが撃ち込まれようとする場合もある。
それは覚悟の上の主張である。
軍事力を保持しても、
日本の島が攻撃されたり、東京にミサイルが撃ち込まれようとする場合もある。
私は「憲法9条を守る」という考えのほうが、
日本と世界の平和維持に良いと考えている。

ただし「憲法9条を守る」と主張しながら、
「自衛権はある」という主張は全くの誤り。


泥棒に入られたら抵抗しないか

答えは、「する」
しかし日本の場合は、泥棒に入られた時に備えて家に拳銃は個人は保持しない。
銃は自衛のためにも使えるし、攻撃にも使える。
地域の結束を強め、街灯をつけるなど銃を持つ以外のことで安全性を高める。
アメリカは全ての人が拳銃を持つことができる。
どちらが銃犯罪が多いかは明白。


絶望と楽観

日本は軍事力で長期の平和を維持できると考えいますか?

憲法9条を守っても戦争の危険性はある。
日本が軍事力を保持しても戦争の危険性はある。
しかし100年後を考えると、後者の場合は絶望的である。

全世界の核兵器が使われても人類は滅びないと楽観している。
東京、ニューヨーク、モスクワ、北京など世界の大都市は破壊されるだろうが、
多くの地域は被害をまぬがれるだろう。

また、地球が破壊される、というのは誤り。
地球の歴史上大絶滅は5回、最後は恐竜が絶滅した中生代のジュラ紀の終わり。
その時の原因の一つと推定されているのが隕石落下。
エネルギーはヒロシマ型の原爆の10億倍。
現在から核兵器の数およそ10000発でそれが10倍に増え、その威力がヒロシマ型の100倍でも、
隕石の1%のエネルギー。
その戦争を第3次世界大戦と呼ぶならば、
第3次世界大戦から100年もすれば、文明は復興するだろう。