爆弾事件が続く
(こんな情報もあります 別のページ)
2017年5月31日(水) バンコクの地下鉄駅近くで爆弾発見・回収
バンコクの病院で爆発
バンコク王宮近くで爆発
カオサン通り近くで爆発
2017年 タイのバンコクは緊張 旅行中は危険に注意



知っていると避けられる危険 貴重な体験記

女性一人 いまむー危機一髪 トゥクトゥクにつれられタイシルク屋へ
体験談 1
と〜っておきの大嘘「男と一緒にタイへ!」


みんながグル トゥクトゥクにつれられビーナスハウス
体験談2
「最終日なんだよ。こんな機会は君にとってはまたと無いよ。」


危険、注意、タイ、バンコクを旅行 こんなことに気をつけよう

タクシーは女の人が一人で乗らないほうがよい
トイレの使い方、紙は便器に捨てない
タイ人の親切には少し警戒
薬物など手を出さない 売人が密告者
宝石詐欺、トランプ詐欺、タイシルク詐欺といろいろ
タイの旅行で注意すること 6つプラスおまけとおせっかい

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



,
女性一人 いまむー危機一髪 トゥクトゥクにつれられタイシルク屋へ

だんだん日の色が白色からオレンジ色を帯びてきたので、そろそろ寺院も閉まるようだ。
私も暗くなる前にカオサンに戻るとするか。
行きは楽しく歩いてきたけど、
帰りはちょっとだるいしどーしよ―かなー・・・・と超迂闊にも、
あろうことか地図(初心者観光客の証)を
手にしたままボーっと交差点で立っていたら、怪しいオヤジ登場。
オヤジ  「これからどこ行くんだい?カオサンか。だったら20Bでいけるよ。」
い  「20B!?安い!」
オ  「20Bもあったら、ラッキーブッダ、ミキモト、スタンディングブッダをまわって帰れるよ。
今日は君、ラッキーだよ。お祭りの最終日なんだ。安く行けるよ」

『OK!20Bでそのコースね。君かわいいね。
20Bはアジア人価格だよ。欧米人は違う価格だからさ』
などとお喋りして運転する男。

『今日は、ラッキーブッダもただで見れるし、ラッキ―だね』
と言われて連れて行かれた小さなお寺では、自称教員の男がお祈りをしていた。
『ねえ、君知ってる?今日はミキモトエクスポで観光客限定の安い宝石販売会やってるんだ。
カタログだけでも貰って来れば?』と言う。
また違う男は、『オレは明日息子の待つカナダに行くんだけど、
君は時間があるんだからミキモトへ行くべきだ。安いし、日本で売ったらぼろもうけだ!』
と家族の写真やら身分証明書やらを見せながら熱く語る。
『興味ないから』と言っても聞かない。おい、オッサンよ。

やっと寺院から出てみると、待っていた運転手が『じゃあ、ミキモトに行こう!』と言う。
えー。帰りたいんですけど・・・。
運転手によると、そこに行くとガソリンクーポンを貰えるのだが、
中には観光客しか入れないから行ってもらってきて欲しいということだ。

着いたところは、フツーの宝石屋さん。
ただフツーと違う所は、入り口に警備員のお兄さんが立っていて、
ドアが固く施錠されている点かな。促されるまま中に入ると、
ショーケースにたくさんの宝石が!!
私はもちろんお金も買う気も無いのでフラっとして帰るつもりだった。
すると、化粧の分厚い店のオバハンが・・・

い「私、お金も持ってないし、見ても仕方ないんです(いやーん、怖いよ〜)」

と私が控えめにいうと!オバハンの態度が一転!!

オ「お金ないなら、こんなトコ来ないで観光してなさいっ。」

ぬゎにおぉぉぉぉぉ〜〜〜〜!!!(怒怒怒怒っ!!)

くそばばっ。勝手に連れてきておいてその言い草は何よ!!
それでも無知でけなげでカワイイ私は『ガ、ガソリンクーポンが・・・・』と言うものの、
『は!?何言ってんの、この子』とあしらわれ、あっさり外につまみ(?)出された。
運転手は外で談笑中。
『ちょっとぉ!帰るわよ!!』と怒って言うがひょうひょうとしている。
クッソ〜、ぐるになってる!
再び出発すると今度は『タイシルク屋に行かないか』と言う。

い「帰りたいの!!」
運転手「ガソリンクーポンがないと20Bでおさまらないんだ」
い「さっき、ガソリンクーポンなんて無いって言われたよ!」
運「お店に少ししか居なかったからだ。少なくとも10分居てくれないと困るんだ。
買わなくていいから、ネ、行くだけでいいんだ。」

と食い下がる。乗ってしまったのが運の尽き、
ここがどこかも分らないし、渋々承諾した。『10分居るだけだよ』。

幹線道路の高架下を走り、着いた店がまた、警備員+ロックつき扉のタイシルク屋。
中に入ると、タイ人版根津甚八・ヤクザ風味刺青付きのオッサンが私にマンツーで営業に付いてきた。
しかも出入り口は施錠されてしまった!
壁には、ここでオーダーして作ったスーツを笑顔で着ている観光客たちの写真が
べたべた張ってある。
値段も高い!私は何とか10分持ちこたえられる事を祈りながらひたすら耐える。
奥では、欧米人の女子学生2人組みが、何とか営業をかわそうと必死で店員に訴えている・・・・。

取り合えず目の前にあるタイシルク500Bを手にとったりしていると、
しつこくタイ風根津甚八が付いて来る。
よし、10分経った!!と思い、ドアに手をかけると
―――きゃーーーー。ドアが開かないよぉぉぉぉ!!
怖いっっ。ニセ甚八がにじり寄ってくる!!

甚八「何で何も買わないんだ!こんなにカワイイ、素敵なシルクばかりなのに!」
い「選ぶのは私でしょ。今日は色々みて、一晩考えて明日買うから、いいでしょ!」
甚「明日買うなら、今日買っても同じだ。今日買え。今日選んで決めろ」
い「一晩考えさせてよ。」
甚「お前、どこのホテルに泊まっているんだ!?」

きゃー、もっと怖いことになってきたわよぉぉぉぉ〜〜〜〜。
タ、助けてぇ・・・といっても誰も助けてくれないわっ。

い「アジアホテルに泊まってるよ。(嘘)」
甚「何号室だ」
い「207号室(これは本当)」
甚「何人で来ているんだ」
い「2人だよ(大嘘)」
甚「そいつは男か、女か」
い「男だっ!(と〜っておきの大嘘)」

目の前の扉からちょうど人が入ってきた。その隙にするりと外に出られた!!
『明日来るからね〜〜』と一応言い残し、私のお抱え最悪極悪運転手の所に向かう。

い「ちょっとアンタ!!!」
運「あれ?よく何も買わないで出て来れたねぇ〜。」

ぬゎにをぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜〜!!!このヤローっっ。(怒怒怒っ!)

い「もう、カオサンに帰してくれるでしょうね!」
運「分ったよ」
い「20B以上、アンタに払わないわよッ!」
運「分った、分ってるよ。」

走り出してもなお、知らない所に連れて行かれる不安に駆られて、
キョロキョロしてしまう。
でも、暗くなったし、全然分らない――あまり刺激しても怖い事になりそうなので、
笑顔で文句を言っておいた。
すると、ガソリンスタンドに入っていく。
ここで彼は私に20Bを請求した。
再スタートし、何とか、カオサンで降ろしてくれたからまだ良かった。

強がっていたものの、もう、ひざはガクガク、心は不安で一杯。
屋台に繰り出して夕食を取るエネルギーもなくなり、
ゲストハウスの1階で食事を取る。欧米人が好みそうなオープンカフェ風レストランでは、
大画面で何かの洋画が流されている。
お洒落なメニューブックからパッタイを頼み、ほっと一息。


☆★バンサワイ★☆ カオサン食堂 (アジアンなお食事処 アジア雑貨)(転載承諾済)
『それ行け!OLバックパッカー』
タイ編 いまむぅ、危機一髪





.
タイの旅行で注意すること 6つプラスおまけとおせっかい

日本人の親切な気持ちを利用する悪質なもの
「友達の日本人に手紙を出したいので、手伝ってくれませんか」
「ワットプラケオに行く道を教えてほしい」 なぜ日本人に尋ねるのか。
これは90パーセント怪しい、お断りするほうが良い。

お金が儲かる、安く買えるという誘い
「今日は特別に国が宝石を放出し、安く買える。」
タイシルクのドレスが安くできる。仕立てスーツが安くできる。
お金持ちのカモが家に来るので、トランプで一緒にひと儲けしよう。
これは99パーセント危険、絶対についていってはいけない。

旅の途中で知り合って一緒に食事に行く
歩いていて声をかけられ、食事に誘われる。
列車の中で知り合ったおばさんが、手作りのお菓子をくれる。
バービアで知り合ったお姉さんと、一緒に飲みに行く。
これは難しい、危険度は5パーセントから90パーセント。
睡眠薬が仕込まれている場合がある。


タクシーは、時には危なことも
女の人一人では、乗らないほうがいい。
メーターを使わず、金額を言ってくるタクシーには乗らない。
遠回りをした、メーターがおかしい、と思ってもそのまま払ったほうがいい。
バンコクは一方通行も多く、ぐるっと遠くを回る場合が多い。
運転手が、刀や銃を持っている場合がある。
被害は多くても、100バーツ300円。
タクシー運転手が刀でアメリカ人乗客を刺殺 バンコク「竹亭」の2013年07月08日
私は10年ほどタイに住んでいるが、タクシーで危険な目にあったことはない。
一度だけ運転手が間違って高速道路に入ってしまい、200バーツほど損をした。
10年間で最大の損害です、私がそのままメーターどおり払ったから(笑)


貴重品の入ったカバンには常に気をつける
朝食のとき席を取るために、いすの上にカバンを置いておかない。
ショルダーバックは引ったくりが狙っている。
背中にかついだカバンはナイフで切られて、中の貴重品が盗まれる
バス、飛行機で、カメラ、コンピュータを預ける荷物の中に入れない。
ゲストハウス、ホテルでも貴重品を部屋に置きっぱなしにしない。

薬物など手を出さない 売人が密告者
刑は重く最高は死刑。
密告制度があるので、売人がそのまま警察に密告して報奨金をもらう。
以前は賄賂を渡せば見逃してくれたと言ううわさがあるが、今は無理。
健康に被害があるものもある。

王室に敬意を払う
日本語でも王室を悪く言わない。
日本語を理解するタイ人もいる。
不敬罪があり、警察に捕まる可能性もある。

(おまけ)日本語の中にはタイ語で思わぬ意味を持つものがある
喫茶店で注文するときには「カフェ」と言おう。
「コーヒー」と言うと、女の人が顔を赤くする。
「本当」は、タイ語で「チンチン」。
「キレイ」という発音は、タイ語では「みにくい」。

(おまけその2) トイレの便器に紙を捨てない
普通の家やゲストハウスなどのトイレでは、前を見ましょう。
小さいゴミ箱があり、そこにトイレットペーパを捨てます。
便器に捨てると、詰まります。
紙がなくて水入れだけがあるような場合は、手でお尻を拭きます。
慣れてくると、こちらの方がすっきりします。




(追加1)交通事故が多い 率としては日本の約4倍
普通の道でも高速道路でも、バスもタクシーも乗用車も大変速いスピードで走る。
飲酒運転が多い。
ルールを守らないマナーの悪い運転手が、これまた多い。

(追加2) パスポートもお金もクレジットカードも盗まれたら
深呼吸して落ち着く。
命をとられたわけではない、生きていると喜ぼう。
必要な手続きを着実に進める。
パスポートやクレジットカードの番号がわかっていると、時間が節約できる。
貴重品袋とは別の場所に番号を書いたメモを入れておくと、万が一のときに役立つ。

(追加3)襟付きの長袖のシャツを持ち歩く
タイのレストラン、バス、列車はエアコンが効きすぎています。
寒くて風邪をひきます。
タイの人も寒がっています。
お寺では肌の露出が多い女の人は、入ることを断られることがあります。
高級ホテル、レストランでは、Tシャツだとやんわりと断られる場合があります。

(おせっかいその1)夜遅く空港につく飛行機は避ける
バンコクの空港に23時より後につく飛行機は、避けたほうがいいと思います。
特に一人旅の女の人。
空港の鉄道の最終は24時です。
バスもほとんどありません。
タクシーも安全とはいえません。
タイの女の人も、夜に一人でタクシーを乗るのを避けます。
空港での夜明かしはなおつらいです。


上の「6つプラスおまけ、おせっかい」を作るの参考にしたサイト
毎月メルマガで最新の注意情報を発信
暇なときに読んでおくと、定番の危険を避けることができるかも
ジェットスキーのレンタルで言いがかりで金を払わされるケースが
メールマガジン「在タイ日本国大使館だより」



,
トゥクトゥクにつれられビーナスハウス プラダ(??)のジャケット 体験談 その2

■詐欺師登場
そしてこの後とんでもない悪夢が待ち受けていようとは――――。



−−−

地図をみながら王宮近くを歩いていたとき声をかけられました。

「どこからきたの?日本人ですか?」

35歳ぐらいの若作りした感じの良いおじさんA。
気軽に英語で話し掛けてきます。

ボク 「ええ、そうなんです。今日の予定は決まってなくて・・・。
    どこかオススメの観光場所ってありますか?」

A 「あ、それならいいところがあるよ。まずはこのお寺。
  ここは見たほうがいい。そしてもうひとつ。
  ビーナスハウスという衣服工場があるんだが、
  ここはアルマーニやプラダなどを作って輸出している
  会社なんだ。普通ブランド物を買うと高いだろう。
  コレは関税が掛かっているからなんだ。
  でも1年に7日間だけは国民に開放して激安で
  買うことができる。今日はその最終日だ!
  君はラッキーだよ!一度見るといいよ!」

そのときはふーん、そうなの。みたいに思ってたんですよ。
別に買おうという気なんてさらさらありません。

A 「じゃ、そこのトゥクトゥク(三輪バイクタクシー)に
   交渉してあげるよ。お寺で待っててビーナスハウス
   まで行って50B(=150円)でどうだい。」

もうね、ホントタイミングよくすぐそばにトゥクトゥクがいるわけですよ。
でも、50Bは安いと思いましたので、了承して乗り込みました。


▲ウキウキでトゥクトゥクへに乗り込む・・・

で、お寺到着。へーこんなお寺があるんだと思って見ていましたら、
気のよさそうな青年Bがいるわけですよ。なにやらお祈りしています。

B 「日本人ですか?」

またまた気軽に話をしてきます。

B 「どうですか、この仏像は。まずはお祈りしましょう。」

とかいってボクをお祈り場所に連れて行きます。そこでお祈りをさせられまして、
本題に入ります。

B 「これからどこに行くんだい?え?ビーナスハウス?
   そこは僕も昨日いったんだよ!僕は銀行マンでね。
  スーツが必要だろう。5着も買ったよ!この時期しか
   買えないからね。」

そういうと、胸ポケットからプラダやらアルマーニののロゴの入った
布キレを見せるわけです。そこでボクは簡単に信じてしまいました。
へー!そうなんだ!と。まったくもってカモね、オレ。
でもそこでも買う気はなかったんですよ?まぢで。

その後、そこを後にしていよいよビーナスハウスへ。


▲見よ!この右端がビーナスハウス!!!!

するとそこには工場はなく、小さなこじんまりとしたお店が・・・。
中に入ってみると小太りのインチキそうな
オヤジCが対応してくれます。

ボク 「見るだけでもいいですか?」

C 「どうぞどうぞ!さあ、ご説明しましょう。」

とう言うと、輸出の話、1週間に7日の最終日、
すべてオーダーメードで手作りだうんたらかんたらと話します。
もう、そこで完全に信じてしまいました・・。

C 「君は日本ではスーツを着るのか?どうだ、スーツ1着。
   プラダのスーツだよ」

ボク 「いやスーツは着ないんで。いらないですよ。」

C 「じゃー、ジャケットなんてどうだ。日本で買ったら41万だよ。
  それが22000B(=66000円)で手に入るんだ。」

プラダのジャケット。うーーん、悩む。どうしよう。

C 「最終日なんだよ。こんな機会は君にとってはまたと無いよ。」

かなり悩んだ末に購入することに・・・。
寸法を取り、11日にホテルに届けると言います。

うーーん、なんとなく胡散臭いと思いながらも
あいつらがみんなグルなんて考えられないと自分に言い聞かせました・・・。
そして領収書をもらって店を出ます。

その後ムエタイを見にスタジアムに行きました。

たまたま左の左の左の席に日本人らしき人がいまして、
あ、日本人の方ですか?てな具合で話し始めました。

ボク 「あのーー、ビーナスハウスっていう会社知ってますか?
    タイではかなり有名らしいんですが・・・。」

その方(Dさん)は当然知らないといいます。で、今日の出来事を話しました。

Dさん 「そうですか・・・。では本当のことをお話しましょう。
     私は出張で来てまして、今日は休みだったんで街をあるいて
     いたんです。すると同じように声をかけられました。
     で、私の場合は○○(店名忘れた)という宝石屋。
     ま、時間もあるからいいやと思ってついていったら
     明らかに店構えが怪しかったので
     『あ、だまされたんだ』と思いましたよ。
     トゥクトゥクがタイミングよくそばにいなかった?え?いた?
     でしょうでしょう。たぶんヤツらもぐるなんだよね・・・。」


やられた。


この話を聞いて完全にやられたと気づきました。
いたるところで怪しいところは多々あったのだが、
旅先ということでそこから抜け出すことができませんでした。
地球の歩き方を見ると、まさにその手口が書いてありました。
もうね、噴火寸前。頭きます!!!



ムエタイを見ていても集中できずにほとんど楽しめませんでした・・・。
帰りに24時間やっているツーリストポリスに駆け込んだのですが、
結局、物がないと警察としてもどうしようもない。まずは11日に物を見て、
それからきてください。とのこと。



で、結局11日にホテルに届いたジャケットがこれ

皮って言っていましたが、おそらく違うでしょう。
プラダのネームなんてはいっちゃいません。
おそらく1万もしない品でしょう。
まあ、踏み込んでいっても相手にされないだろう
と思いまして、店に踏み込むことはやめました。
ネットカフェで調べてたんですが、踏み込んでいったら
バットもって追っかけられたとか書いてあり、身の危険を
感じましたので・・・。

まあ、勉強代と思って今回はあきらめます。
しかしこれだけは声を大にして言わせてください。

『地球の歩き方のよくあるトラブルは熟読しましょう。


バックパッカー大作戦
(転載承諾済)   タイ旅行記 


●●●●●●●●●●●●●●●●●●

バンコクなどタイ全土に緊張状態続く 旅行で危険な体験、治安、注意

2015年 タイの最新情報
バンコクからチェンマイへ    バンコクからアユタヤへ    バンコク空港から市内へ

タイからビエンチャンへ    タイからアンコールワットへ    バンコクのゲストハウス

タイのタイマッサージ店    バンコクの日本料理店    ソンクラン    ロイクラトン

タイのブログランキング    京都の紅葉    東京の紅葉    京都の桜


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このサイトの管理者からのお願い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー