◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今までの在タイ日本国大使館からのお知らせ



現地日本語新聞、英語新聞などの情報サイト
情報は制限されていますが、
注意深く読めばタイの情勢に関する情報が得られます。


日本語の地域情報のサイト

バンコク週報

newsclip_be



タイの英字新聞

Bangkok Post

The Nation - Thailand's News in English




タイにある日本大使館と海外安全情報

在タイ日本国大使館ウェブサイト

外務省 タイの海外安全ホームページ 感染・スポット・危険情報



ニュース 速報 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト

毎日新聞のニュース・情報サイト

MSN産経ニュース

日本経済新聞



ヤフーで最新情報を検索する
バンコクで起きた爆発の最新情報を調べる

6か月以内の「バンコク 爆発」の絞り込み検索結果
「バンコク 爆発」の検索結果 - Yahoo!検索

現在の首相は、プラユット・チャンオチャ
6か月以内の「タイ プラユット」の絞り込み検索結果
「タイ プラユット」の検索結果 - Yahoo!検索

クーデターで倒れた政権の首相は、インラック・シナワトラ
6か月以内の「タイ インラック」の絞り込み検索結果
「タイ インラック」の検索結果 - Yahoo!検索

6か月以内の「タイ クーデター」の絞り込み検索結果
「タイ クーデター」の検索結果 - Yahoo!検索

6か月以内の「タイ 不敬罪」の絞り込み検索結果
「タイ 不敬罪」の検索結果 - Yahoo!検索



タイのクーデター、政治の動きに関するウキぺディア

タイ軍事クーデター (2014年) - Wikipedia

タイ軍事クーデター (2006年) - Wikipedia


暗黒の土曜日(あんこくのどようび)は、2010年4月10日(土曜日)、
タイ王国の首都バンコクで発生した武力弾圧事件。
タクシン元首相派の市民ら約10万人(警察推計)の抗議デモに対し、
アピシット首相の承認と指示のもとにタイ王国軍が発砲し、2000人以上の死傷者を出した。
翌年のアピシット政権崩壊の発端となった。
暗黒の土曜日 - Wikipedia


1976年10月6日タイ、バンコク市内タンマサート大学構内で、・・・
タンマサート大学虐殺事件(タンマサートだいがくぎゃくさつじけん)
または血の水曜日事件(ちのすいようびじけん)は、
タイ王国で1976年10月6日クーデターの過程で発生した事件で、
このクーデター総称の別称でもある。
血の水曜日事件 - Wikipedia



バンコク国際空港 スワンナプー 出発便、到着便の現在の状況

出発便
  http--suvarnabhumiairport.com-en-4-passenger-departures
到着便
  http--suvarnabhumiairport.com-en-3-passenger-arrivals

Suvarnabhumi Airport Thailand Official Website - Bangkok Flights Bangkok Airport Suvarnabhumi Airport (BKK)




2017/06/13 メール受信
【在タイ日本国大使館からのお知らせ(プーケット等南部リゾート地における注意喚起)】


当局が否定、「南部の観光地にテロ攻撃の恐れ」
タイのビジネスニュース、バンコク週報



報道によると、5月30日午後、MRTタイランド・カルチャラル・センター駅近くの
木立内から発見されたパイプ爆弾様のものは、 本物の爆弾であったことが判明しました


2017年06月09日
不敬罪で禁錮35年、フェイスブック投稿の男性に タイ
写真1枚 国際ニュース:AFPBB News


2017年5月24日(水)
タイ軍政首相、民政移管選挙延期も バンコクの爆弾事件で
| newsclip (ニュース、政治のニュース)


2017年5月22日
バンコク病院爆発、軍事政権への反発か クーデター3年
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト


2017年5月16日
バンコク王宮近くで爆発、2人けが パイプ爆弾か
朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト


2017年4月6日 【タイ】カオサン通り近くで爆発
|グローバルニュースアジア -Global News Asia-


2016年8月12日
タイのプーケット、ホアヒンで爆弾事件
タイで連続爆発、4人死亡30人超負傷 プーケットなど
:朝日新聞デジタル




.
今までの在タイ日本国大使館からのお知らせ


2017年8月15日受信
【在タイ日本国大使館からのお知らせ(テロとデモに関する注意喚起)】

タイにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館
【本文】
 報道によると,2015年8月17日のエラワン廟での爆弾事件から2周年,2016年8月11〜12日にかけての南部7県での爆弾事件から1周年を迎えるにあたり,タイ政府は警戒の強化を命じています。 また、8月25日にはインラック前首相に対する最高裁の判決が下されることから、1万人規模の群集が最高裁に集うとの報道もあります。在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、上記情勢に留意の上,不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。また,
テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,欧米関連施設,公共交通機関,観光・リゾート施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511



2017/06/16 メール受信
大使館からのお知らせ(バンコク都内における爆発事案に関する注意喚起(続報))
本日、午後1時ごろ、バンコク都内(スクンビット・ソイ40付近)にて発生した小規模な爆発について、一部報道では、警察当局者によると「やぶに隠されていたビニール袋に爆弾が入っていた。
清掃作業員がビニール袋を取り上げて開けたところ、爆発が起きた。計画的な攻撃ではないようだ。
学生がこのような爆弾を製作し、隠していた可能性がある。」とのことです。



2017/06/13 メール受信
【在タイ日本国大使館からのお知らせ(プーケット等南部リゾート地における注意喚起)】
タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館
【本文】
 一部メディアは、プーケット等タイ南部のリゾート地でテロが起きる可能性があるとして当局による警戒強化がなされていると報じています。
詳細は報道により異なっておりますが、在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、テレビやラジオのニュース、インターネット等を通じて最新情報の入手に努められると同時に、安全確保に十分注意を払って下さい。





【在タイ日本国大使館からのお知らせ(MRTタイランド・カルチャラル・センター駅付近における爆発物発見事案に関する注意喚起)】

タイ(チェンマイ総領事館管轄区域を除く)にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在タイ日本国大使館
【本文】
 報道によると、5月30日午後、MRTタイランド・カルチャラル・センター駅近くの木立内から発見されたパイプ爆弾様のものは、本物の爆弾であったことが判明しました。
 バンコクでは4月5日、5月15日、5月22日にそれぞれ爆弾が爆発し、負傷者が発生する事案が起こっています。
現在まで邦人被害は確認されておりませんが、在留邦人および旅行者の皆様におかれましては、テレビやラジオのニュース、インターネット等を通じて最新情報の入手に努められると共に、人が多く集まる場所等では、安全確保に十分注意して下さい。
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8500,696-3000
 FAX :(66-2)207-8511



プーケット、ホアヒンの爆弾事件のこれまでのニュース


現地の新聞、飛行機の発着情報、大使館などをリンク


現地から発信 プーケットの事件の後のブログ


2016年5月22日バンコクでデモ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


.
(ニュースの中には、続報があったり、状況が変わっているものもあります)

逮捕状の17人、連続爆弾事件とは無関係 タイ副首相
| newsclip (ニュース、社会のニュース)
タイ軍が18日に逮捕状をとったタイ人男女17人について、
反政府活動が逮捕理由で、今月11、12日にタイ南部、中部の7県で起きた
連続爆弾・放火事件とは無関係だと述べた。

タイ爆破事件で観光客最大20万人減の可能性=政府 | ロイター
事件に絡んで、放火の疑いで男性1人を逮捕したと発表した。

Student on hunger strike collapses | Bangkok Post: news
ハンガーストライキ中の学生が衰弱する
A student activist at Phu Khieo Prison in Chaiyaphum province
has collapsed on the 10th day of a hunger strike
after he was detained for campaigning
against a military-backed draft constitution.
軍が後ろ盾の憲法草案に対する運動により拘留。
学生は10日目のハンガーストライキ中に衰弱。
(意訳 誤りがありましたら、ご連絡をください)


タイ中南部連続爆弾事件、最南部の過激派関与の可能性も
タイのビジネスニュース、バンコク週報
15/08/2016

秋篠宮さまのタイ旅行中止=宮内庁:時事ドットコム
(2016/08/15)

タイ憲法案国民投票 日本政府「歓迎」
| newsclip (ニュース、政治のニュース)
2016年8月14日(日)

タイ中南部連続爆破事件、憲法草案に反対する勢力の犯行か
タイのビジネスニュース、バンコク週報
13/08/2016

タイ・リゾート地などで連続爆発 4人死亡
(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
8月12日(金)14時45分配信

タイの日本語ニュース
爆弾事件だけでなく、火災も多く起こっている
ニュース > 社会ニュース一覧 | newsclip.be タイ発ニュース速報


「タイ 憲法」をヤフーで検索
「最終更新日:3か月以内」の条件検索
私自身の解説、評価はここ書くことは控えます。
「タイ 憲法」の検索結果 - Yahoo!検索


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
邦人の皆様へ
         【在タイ日本国大使館からのお知らせ】
               緊急一斉メール ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タイ国内における爆発事案の連続発生に関する注意喚起
        (2016年8月12日(10時30分)現在)
1 昨11日以降,これまでにタイ国内南部各県の複数の場所において
,爆弾による爆破事件,及び爆弾が発見される等の事案が連続して発生しています。
依然として,各犯行の目的等の詳細は明らかになっておらず,引き続きの警戒が必要です。
なお,現地報道等をもとにした事案概要は以下の通りです。
・11日午後,南部トラン県の市場で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。
・11日,南部プーケット島で爆弾とみられる不審物を発見。
・11日深夜,中部フアヒンの繁華街で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。
・12日朝,南部スラタニ県の警察署前で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。
・12日朝,南部プーケット島のパトンビーチ付近にて爆弾が爆発,複数の負傷者が発生。
・12日朝,南部ナコンシータマラート県で爆弾が爆発。
・12日朝,中部フアヒンの時計塔近くにて爆弾が爆発。


2 タイに渡航・滞在を予定している方または既に滞在中の方は,
今後も不測の事態が発生する可能性が排除できません。
同一の県内で複数回の爆発事件が発生している場合もありますので,
最新情報を入手するなど治安状況等の把握に努め,
外出される際には十分な安全対策をとってください。




.
パッタニー県における爆弾事件等の発生について
(2016年8月24日現在)
1 一部報道によると,タイ南部のパッタニー県にあるホテル付近で23日夜
, 爆弾2発が相次いで爆発し,1人が死亡,30人が負傷しました。
死傷者に日本人は含まれていません。
2 現在,タイ南部のナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県,ソンクラー県の一部
(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)については,外務省より,
「レベル3:渡航は止めて下さい(渡航中止勧告)」の危険情報が発出されています。


.
現地から発信 プーケットの事件の後のブログ
2016年8月13日12時調べ
ヤフーで「1週間以内の条件検索」をして、
4ページ目までにあったもの

プーケットの小規模爆発事故におきまして・・・
|☆プーケットプーケット流タイのちょっと気になるお話☆


プーケットの治安-現地で11年、元教師が伝える本当のプーケット



戒厳令が解除される、しかし・・・
戒厳令、危険情報は?旅行はできるか?落ち着いているか?バス、鉄道は正常か? 

タイの状況は大きく変化する可能性があると私は思います。
根拠は、ここに書きません。
タイの政治状況を書くと、タイを混乱させようとしていると、
政権に誤解される可能性があるからです。
私が書くことができるのは、日本人がタイを旅行することについてだけです。
ご容赦ください。
戒厳令は解除されましたが、情報の制限は続いていると考えられます。
それぞれの人が、下にあげました情報源を利用して自分自身でご判断ください。



戒厳令が解除される。
しかしタイを楽しく旅行できない可能性は高いままだと、私は思います。
タイを旅行するかどうかは、慎重に検討することをお勧めします。

ニュース、情報は選択をしていません。
ネットを見て回って、見つけたものをすべて載せています。

2015/4/2 1:45
タイ戒厳令、10カ月ぶりに全面解除 :日本経済新聞

2015年4月2日01時19分
タイ戒厳令、解除を正式発表 「絶対権」で抑圧続く恐れ:朝日新聞デジタル

2015年04月02日 02時03分
タイ、戒厳令解除…昨年5月以来 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

2015年04月02日 02時03分
時事ドットコム:タイで戒厳令解除=軍政、強権も発動

2015.04.02 Thu posted at 11:58 JST
CNN.co.jp : タイ政府、戒厳令に代わり軍政の強権条項を発動

2015年4月2日(木) 14時16分(タイ時間)
タイ軍政、名ばかりの「戒厳令解除」 | newsclip (ニュース、政治のニュース)

02/04/2015
タイ軍政、戒厳令を解除、憲法44条適用で首相に強権 バンコク週報
01/04/2015
プラユット首相、戒厳令解除で国王陛下のご承認求める バンコク週報



.
クーデターから2年 バンコクで抗議デモ
5月23日 5時03分
タイでクーデターが起きてから2年となる22日、
首都バンコクでデモ行進が行われ、
参加者たちが軍主導の暫定政権に対し、早期の民政復帰を訴えました。

タイでは、政治の混乱を受けて2年前に軍がクーデターを起こして以来、
軍主導の暫定政権が続いています。
暫定政権は来年、議会選挙を行い、民政復帰するとしていますが、
基盤となる新しい憲法の草案の内容が民主的でないとして批判の声が上がるなど、
その道筋は不透明なままです。

22日は、300人余りの市民が
「クーデター反対」とか「憲法草案には反対を」
などと書かれたプラカードを手にバンコクの街なかをデモ行進し、
「暫定政権は退陣しろ」とシュプレヒコールを挙げました。

憲法草案を巡っては、ことし8月に内容の賛否を問う国民投票が行われる予定ですが、
新政権に移行してからも事実上、
5年間は軍の影響力が強く残る内容になっているほか、
先月からは憲法草案への賛成や反対を呼びかける運動が禁止され、
人権団体や欧米諸国が言論の自由が尊重されていないと懸念を強めています。

デモ行進に参加した女性は
「民主的な憲法を作って民政復帰してほしいと強く言いたいです。
クーデターから2年という期間は長すぎます」などと話していました。

タイ クーデターから2年 バンコクで抗議デモ | NHKニュース


●●●●●●●●●●●●●●●●●●

バンコクなどタイ全土に緊張状態続く 旅行で危険な体験、治安、注意

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー